煩雑な経理業務を大幅に削減してくれるのが記帳代行サービス

領収書と電卓

仕訳の起票を理解できないなら記帳代行を利用しよう

パソコン

損益計算書は売上・売上原価・限界利益そして損益といった内容が記載されるため、比較的に理解しやすいため独立した個人事業主などでも会社や事業の損益を把握することができます。ですが、損益計算とは異なり、貸借対照表や会計処理は簿記という独特の知識が必要になり、資産科目は借方、負債科目は貸方そして純資産は貸方といった複雑なルールを伴い、理解に苦しむことは少なくはありません。そういう時は、記帳代行を導入しましょう。
記帳代行ならこれから起業する方、起業して間もない方でも簿記を学ぶ必要がありません。また、専門で経理担当を雇用する場合、会計ルールを整えなければ自社の会計処理から損益計算ができないという問題が生じるものの、記帳代行なら会計処理の基本的なルールに則り作業を行ってくれます。
つまり、記帳代行で基本的な会計ルールで処理することで、将来的に自社のルールを構築することができます。また、記帳代行サービスでは、経理経験の豊富なスタッフが作業を行います。複雑な原価管理、製造メーカー独特の会計処理を理解したプロが対応するため、売上原価の計上間違いもありません。また、工業簿記などより高度な会計処理に対応した記帳代行サービスもあり、ベンチャーで製品製造を行う際でも、一般的な企業並みの原価管理を行うことができます。

イチオシ

お金

経理スタッフが退職した場合の記帳代行サービスの活用法

中小企業では豊富に人材を迎え入れるといったことが難しいため、経理スタッフが1名だけのことも多く…

詳細 ▶

印鑑と領収書

業績拡大にもつながる記帳代行サービスを上手く使いこなそう

起業したばかりで経理担当者を雇う余裕がない、せっかく導入した会計ソフトを使いこなせていない等で…

詳細 ▶

印をつけた数値

記帳代行サービスを導入して業務を効率化

記帳代行サービスを導入して、日々の帳簿作成業務を楽にしてみませんか。記帳代行サービスを導入すれ…

詳細 ▶

パソコン

仕訳の起票を理解できないなら記帳代行を利用しよう

損益計算書は売上・売上原価・限界利益そして損益といった内容が記載されるため、比較的に理解しやす…

詳細 ▶

メニュー